会社
業界
その他
お知らせ
今の位置:Skip Navigation Linksホーム >> ニュース >> ニュース詳細
豊島会長は紹興市副市長収賄事件の元凶
掲載日付:2008-9-9

    

紹興市副市長謝衛星は百万元収賄の疑いで浙江省検察院に抑留された

紹興市副市長謝衛星は 、8月26日に浙江省浙江省检察院に抑留された。疑われた罪名は収賄罪、金額は約百万元である。

この不正事件の発生時期は、謝衛星が共産党新昌県委員会書記に担当する任期でした。現地の農業先導企業ー豊島ホールディングスグループ(以下は豊島グループと略称する)から賄賂を受け取ったことで誘発し、しかも豊島グループの新昌での商業と工業用土地非法取得のことに関連している。

副庁長レベルの幹部として、今53歳の謝衛星の官途が順調で、2003年から 紹興市の副市長に任命され、観光、貿易、社会保障分野の責任者を担当した。その前に、彼は紹興市に属する共産党上虞市常務委員及び新昌県委員会書記を勤めた。

今年の7月に、浙江省紀律検査委員会は関連の摘発報告書を受け取って、謝衛星事件の調査を介入した。8 月に入ってから、この事件は浙江省检察院に移送された。

記者は元の浙江省政府秘書長冯顺橋の汚職事件は既に杭州市检察院移送されたことも分かった。

その二人の履歴が重なり合っているところが多く、すべて紹興上虞の人で 、同じに地方公務員からスタートして、そして紹興市リーダを担当した。しかし、関連の責任者による と、両案はお互いに関連してないそうである。

互恵的な権力と金钱交易

謝衛星の顔が最後に見られるのは、今年の7月10日紹興市副市長として、紹興県に安全生産を監督した時である。その直後、浙江省規律検査委員会は摘発報告により、その収賄罪の調査が始め、彼を抑留した。

抑留された後、謝衛星は収賄総額は約百万元、その内数十万元は新昌の企業ー豊島グループからのものであること を白状した。

謝衛星は1997-2003年に新昌県の共産党副書記、県長、共産党書記、人民代表大会主任などの職務を担当した。新昌に勤めている間、謝衛星は地元の大手企業ー豊島グループと「良好な関係」を結び、結局この事件を引き起こした。

謝衛星が抑留された前に、豊島グループの会長徐孝方は、多くの摘発のため、既に関連部門に拘留された。白状している時、徐孝方は謝衛星に数十万元を贈賄したことを告白して、謝氏の下野を招来された。

「豊島グループは優れた会社である。地元の農林業特徴を基づき、会社の主な業務とされ、利益も良かった」と地元の政治界の人士が評判した。

新昌県は浙江省の中部山地にあり、農業はその経済発展の中心である。豊島グループは、新昌県のスター会社であるが、この前は浙江省粮油輸出入有限公司の野生資源支店であった。その代表取締役徐孝方は新昌県で有名な企業家である。浙江省第十期人民代表大会の議員、中国優秀民間企業家などの称号を授かられたことがあり、それに紹興市工商連合会の副会長を担当している。

徐孝方は、謝衛星が共産党新昌県委員会書記を勤めている時、豊島グループに政策と資源上の大きな支持を提供してあげたことがあることを認めている。徐孝方も対等の贈答をするたとえ、数十万元の賄賂で謝衛星に感謝を返した。

謝衛星は共産党新昌県委員会書記から紹興市副市長に昇進された後も、豊島グループと密接な関係を維持していた。

2007年の終わりに、共産党浙江省委員会学校に研修する時、第一研究グループの指導者として、同グループの同級生を連れて、豊島グループに属する百思得食品有限公司と花卉供給地などを訪問した。

禍根は土地

大半の政商交易と同じ、謝衛星と豊島グループとの繋がりは、土地とある程度で関連している。

1999年から、豊島グループは農業を産業全体とすることは満足しなく、多様化を求めて開発が始まった。その時、土地価格はまだ低いが、住宅価格が急速成長している。徐孝方はその中の高額利益を見付け、手元にある農地を利用して不動産開発に介入する意欲が強かった。

その時、豊島グループはちょうど新昌県都市の南西部に、西は饅頭山、東は新鏡道路に向かうっている面積85667平方メートルの農地を持っている。徐孝方は先にその農地を国に返しておき、そして新昌県政府の計画訂正によりそれを商業地に変更させ、入札募集競売の形で豊島グループを買い入れろうと思った。

この操作の内に最も重要な部分は、目的の利益を達成するために、豊島グループは競売中にその土地を取得することを確保しなければならないでした。

しかし、2002年以降、国土資源部に公表された「国有土地使用権入札募集競売譲渡規定」により、商業地の入札募集競売譲渡は正式に統一実施されている。

従って、時任共産党新昌県委員会書記の謝衛星は、「決定的な人物」に堪える候補者となった。最後の入札募集競売譲渡に、その土地は複数の条件を設定され、幾つかの企業のファイナリストに、豊島グループは「順調」に思い通りになった。

「この事件に最も困難なケースは、表面から見れば、土地の譲渡価格は合法である。取引価格も基本的に市場価格に適合している。しかし、本質的に言えば、その土地のオークションは、多くの条件を設定され、指向性の譲渡に相当する。」と事件によく知っている人士が説明した。

その後、豊島グループは、その土地で「豊島花苑」という不動産を開発した。新昌は、主に山岳が多く平野が乏しい県である。その不動産は2003年12月13日開いた後、売上高が高騰し、徐孝方はこの一つのストロークで数億元の収益を取得した。

その土地以外、豊島グループの開発した「華都商住楼」及び工場の建設用地は、すべて謝氏にさまざまな繋がりがある。

その新昌県委員会書記の「庇護」の下で、豊島グループの発展は非常に順調でした。2004年以降、豊島ホールディングスグループが設立された。株市場で登場し、資金調達を達成するために試みた。

しかし、贈賄関連の報告で、浙江省関連部門の関心を引き起こし、結局、徐孝方は一文の百知らず、浙江省检察院に逮捕された。

「この企業は今の状態になったのは非常に残念である。殆どの中国民間企業が創始者は事件を起こした後に、存続することはできなくなった。」長く刑事弁護に従事している弁護士、上海翟建法律事務所の張培鸿弁護士は、「特に沿岸地域開発省では、不動産の利益は本当に大きいから、民間企業は利益の誘いに負けやすく、主動的に行政資源を独占している当局者と利益を交換して、結局は企業に損害を与える。」と認めた。

(本文の中国語版由来:21世紀経済報告、翻訳:万富貿易)

[ 戻る ]




スタートページに設定 | お気に入りに追加 | 友情リンク | 広告サービス | サービス規約 | 著作権声明 | お知らせ | ネットオフィス | サイト管理
著作権所有 © 2007-2012 杭州万富貿易有限公司
Copyright © 2007 -2012 All Rights Reserved
浙ICP備05029620号